企業トラブル

2013.04.25

介護トラブル解決・相談

介護トラブル解決・相談

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

介護トラブルについての考え方

 


高齢者向けの介護施設での、相談が非常に増えてきています。入居者の怪我や骨折などを防ぐためのマニュアルを作成されている施設もあると思います。介護現場で、事故が全くないことは理想であり、それを入居者や家族にとっても希望することは当然ですが、 相対的に身体的な機能が弱まっている高齢者が生活する介護施設で、介護事故に関して転倒事故を防止しようとする場合、利用者の身体を拘束してしまえば転倒事故は決して起きません。ところが、身体的拘束は、利用者の尊厳を著しく害する行為なのです。そこで家族とのトラブルが生じてしまったりしています。 介護従事者の資質が原因で発生しているケースがトラブルの大半を占めています。

 

 

 

介護事業者が組織の永続性を図ろうとしたときに、介護事故によって認められる過失の有無、あるいは損害額の基準などを知っておくことは、トラブルを最小限に収める知識として重要なことです。そのうえで、様々な対策をとる必要があります。また、トラブル、事故が起こってからの対応をどうするかなどの知識も重要となってきます。

 


 介護トラブル、介護事故の原因は人的ミスが大半で、またトラブル、事故の対応も人が行います。トラブルが大きく発展してしまう原因は、すべて人にあり、無知な言動、無知な行動、従事者の怠慢が問題を深刻にしています。

 


 介護トラブル、介護事故の対応は、従事者教育と再発防止の対策なくしては考えることができません。

 


 介護トラブル、介護事故でお困りの方は当社にご相談ください。

 

 

 

 


介護トラブル、介護事故 解決・相談

 


アイ総合コンサルタント

 


相談ダイヤル 0120-007-808

 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

このページのトップへ
Copyright (C) トラブル解決・トラブル相談のアイ総合コンサルタント All Rights Reserved.