企業トラブル

2013.07.18

危機管理 経営者のタブー 

危機管理 経営者のタブー 

大阪 京都 神戸 岡山 広島

経営者の3つのタブー

タブーとは

 タブー とは、もともとは未開社会や古代の社会で観察された、何をしてはならない、何をすべきであるという決まり事で、個人や共同体における行動のありようを規制する広義の文化的規範である。ポリネシア語tabuが語源。18世紀末にジェームズ・クックが旅行記において、ポリネシアの習俗を紹介する際に用いたことから西洋社会に伝わり、その後世界各地に同様の文化があることから広まった。禁忌という訳語も用いられる。

躾などを通して社会を構成する個々人の道徳の基となっていることも多いが、社会秩序の維持のためとして時の為政者に作為的に利用される危うさも孕んでいる。

 私は、コンサルタント業において経営者用、従業員用と分けて対応している。理由は簡単、経営者と従業員では立場が違うからである。立場が違えば当然考え方も違ってくるからである。

経営者のタブー 


行動のタブー

 経営者は,とってはならない行動がある。


思考のタブー

 経営者は考えてはならないことがある


言動のタブー

 経営者は言ってはならないことがある。

 このことを実行している経営者が利益をだし、優秀な人材を育てている。

 私にコンサルタントを依頼された経営者には、このことを大前提としてし仕事を進めさせていただいてます。

 事業の継続のコツは正しいことをする。これにつきます。誤ったことを一生懸命頑張っても成果は出ないものです。どうせなら結果を残したいものです。


アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

このページのトップへ
Copyright (C) トラブル解決・トラブル相談のアイ総合コンサルタント All Rights Reserved.