日常トラブル

2011.12.06

医療訴訟 被害者(患者側)事件 大阪 京都 神戸

医療訴訟 被害者(患者側)事件

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島 

 

コンサルタントが取り組む案件の中で、特殊かつ専門性の極めて高いものとして、医療過誤事件があります。当事務所は、医療過誤における被害者(患者側)事件、加害者(病院)に共に取り組んでおります。

 

医療過誤事件の難しさ、その第1の要因は、法的知識以外に一定の医学的知識が必要とされるところにあります。医療過誤事件を立件の資料集めは、最低限の一般的医学知識と、当該事件に関連する疾患に対する専門的医学知識の両者が必要となってきます。

この、医学的知識、特に一般的医学的知識を得るためには、弁護士においても大変で、専門医のアドバイスをもとに調査を進めることが多くこれは弁護士でもそうしているところが多いのが現状です。

この様に弁護士でも畑違いの医療知識が少ないため弁護を受けるのが大変と言われたところがあるぐらいです。

医療訴訟は、上記のように訴訟資料集めも大変な作業ですので、素人の方では大変困難とおもわれます。

 

医療訴訟でお悩みの方はご相談ください。力になります。

 

 

医療訴訟なら アイ総合コンサルタント

医療トラブル解決ダイヤル

0120-007-808

大阪/兵庫/神戸/京都/岡山/広島

このページのトップへ
Copyright (C) トラブル解決・トラブル相談のアイ総合コンサルタント All Rights Reserved.