商取引トラブル

2011.11.02

大阪の取り込み詐欺事件

大阪の取り込み詐欺事件

取引先の繊維専門商社から現金約6200万円をだまし取ったとして、大阪地検特捜部は19日、詐欺容疑で、岐阜市の元婦人服販売会社社長、長野賢司容疑者(45)を逮捕した。一連の検察不祥事を受けて発足した法相の私的諮問機関「検察の在り方検討会議」(座長、千葉景子元法相)が今年3月に検察の改革案を提言して以降、大阪地検特捜部が強制捜査に踏み切ったのは初めて。
 逮捕容疑は、平成20年2月、経営していた婦人服販売会社と別の同業会社を仲介する大阪市内の繊維専門商社に対し、すでに同業会社に衣料品約2万点を納入したなどと偽り、売買代金として約6200万円を口座に振り込ませ、だまし取ったとしている。
 長野容疑者の認否については明らかにしなかった。

2011年05月19日 産経新聞

このページのトップへ
Copyright (C) トラブル解決・トラブル相談のアイ総合コンサルタント All Rights Reserved.