近隣トラブル

2012.09.03

近隣トラブル解決の基本 大阪 京都 神戸

近隣トラブル解決の基本

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 

 当事者間でのトラブルなることは避ける

 直接、当事者間での接触をするのは好もしくありません。マンションなら管理組合に相談するのが妥当な順番と言えるでしょう。一戸建てならどうでしょう。犯罪事件なら警察の相談すればいいのですが、犯罪と言えないような案件では、警察の動く理由がないのです。

 直接文句を言っていけば、あなたが嫌がらせの加害者となる可能性すら出てくることを頭に入れておいてください。実際に当社で依頼を受けた方の中には、マンション管理会社、加害者ともに認識として当社のクライアントが嫌がらせを頻繁に行っていると考え対策を考え中ということがあったのです。

 騒音問題でよくある話です。管理会社によると近隣トラブルにはよくある事で、自分こそ被害者と思ってる人が多く話がまとまらないことがあると聞きました。
加害者と被害者の境界線がハッキリしない見えてこない事が、近隣事件ではなく近隣トラブルと言える最大の要因だと思います。ですから当事者での解決が難しいと言われているのです。
 集合住宅、団地などの騒音問題を体験したことが無い人は、一般的に被害者と言えば「騒音を出された側」と捉えるのが当たり前ですが
それによって苦情を出された側は、普通に生活していて、集合住宅、団地に住んでいるんだから気を遣ってるつもりだったのに苦情を言われてしまったという感情が生まれる事が多くあります。実際に当社が携わった案件でも多くある例と言えるでしょう。

 どちらに非があるといとは、第三者的に見ても判断できず、だけど当事者同士はどちらも自分を是としているというケースさえあるのです。

 近隣トラブルは、法律だけでは対応できないということが多く、感情のもつれと考えて対処すること、判断基準があいまいなこと、人によって感じ方が違うことも重要となるのです。

 当社の相談も多く寄せられる案件で、日常のことなのでとても苦痛を感じるトラブルです。

 一刻も早く解決したい方は、当社へ相談ください。貴方の力になります。

近隣トラブル解決の基本

アイ総合コンサルタント

相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島
  

 

 

このページのトップへ
Copyright (C) トラブル解決・トラブル相談のアイ総合コンサルタント All Rights Reserved.