近隣トラブル

2013.10.04

近隣トラブル 対応 大阪 京都 神戸

近隣トラブルの基本的な考え方

大阪 京都 神戸 岡山 広島

 近隣トラブル対策の基本的な考え方ですが、第三者に現状を知ってもらうことが最初にすることです。

主張・立証責任

1  当事者が自分に有利な判決を得るために必要な要件事実を主張しなければ、裁判所からその主張を取り上げてもらうことはできないということを「主張責任を負っている」という。


2  当事者が自己に有利な要件事実を立証できなかった場合、その事実は存在しないという取扱いを受けることを「立証責任を負っている」という。


3  主張責任及び立証責任を原告と被告のいずれが負うのかは、「主張・立証責任の分配の法則」によって決まる。


4  「主張・立証責任の分配の法則」の通説的見解が法律要件分類説である。
 


(1) 権利根拠規定
  権利の発生を定める規定の法律要件に当たる事実は、その権利が発生したことを主張する当事者が主張・立証責任を負う。


(2) 権利障害規定
  権利の不発生(法律行為の無効等)を定める規定の法律要件に当たる事実は、その権利が発生しなかったことを主張する当事者が主張・立証責任を負う。


(3) 権利消滅規定
  権利の消滅を定める規定の法律要件に当たる事実は、その権利が消滅したことを主張する当事者が主張・立証責任を負う。


(4) 権利阻止規定
  権利行使を阻止し得ることを定める規定の法律要件に当たる事実は、その権利行使を阻止し得ることを主張する当事者が主張・立証責任を負う。

被害があると主張するならば、被害者自ら

被害の立証、被害者の特定をして種痘をするのです。

根拠のない主張は誰も相手にできないのです。


トラブル解決のアイ総合コンサルタント


相談ダイヤル 0120-007-808

大阪 京都 神戸 岡山 広島

このページのトップへ
Copyright (C) トラブル解決・トラブル相談のアイ総合コンサルタント All Rights Reserved.